医療脱毛、脱毛サロンの効果の違い 【メリット・デメリット】

脱毛方法

医療脱毛のメリット

レーザー脱毛のメリットは、早く効率よく脱毛を完了させることが出来る点です。
フラッシュ脱毛で脱毛を完了させるまでに、おおよそ18回(3年程度)かかってしまうのに対し、
レーザー脱毛では、大体3~6回(半年~1年程度)で完了するケースが多いのです。

 

医療脱毛のデメリット

 

レーザー脱毛のデメリットは、かなり痛みがある事です。
フラッシュ脱毛よりも強力な威力のレーザーを使い始めて施術を行うため、脱毛時に感じる痛みがかなり強いです。
ですから、人によっては途中で脱毛を挫折してしまう事も珍しくないです。

 

脱毛効果の違い

 

医療脱毛の効果レーザー脱毛を始めてから、効果を実感出来るまでに、大体3~6回(半年~1年程度)脱毛に通う必要があるのです。
一度脱毛を完了したら、毛がまったく生えなくなりますが、脱毛していない箇所に生える事はあります。

 

美容脱毛でも永久脱毛に近い効果が得られます
美容脱毛と医療脱毛の効果比較と関連して永久脱毛につきまして説明しますと、永久脱毛の厳密な定義としまして、医療機関で使われているレーザー機器に限り永久脱毛が可能になるのでしょう。

毛根が肌の中に残っていると毛はそれまでと同様にまた生えてくる為、永久脱毛を目指すのには、毛根を壊す必要があげられます。
毛根へのダメージをもたらすにはレーザー機器を使用しないならばいけない。
たとえ毛根であったとしましても、体の細胞の一部にダメージをもたらすのであればそこからのケアや万が一の際の対応が必要となる為、利用出来るのは医療機関のみとなっています。

 

永久脱毛の定義とその効果

 

一方で美容脱毛では、永久脱毛にならないが、脱毛専用サロンで繰り返しお手入れを受けることで永久脱毛に近い効果を得られます。
美容脱毛では、脱毛部位(パーツ)ごとに6回や4回などの美容脱毛コースがございるので、気に触る部位に対応して脱毛メニューをお選びいただけるのです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました